交通事故で治療費と健康保険の関係



交通事故にあったときに怪我をした場合、
健康保険利用による治療が可能か不可能かと言えば可能です。
でも、交通事故で怪我人が病院へ搬送された場合、
健康保険ではなく自費が求められることがあります。
これは、自動車で交通事故を引き起こした加害者が自賠責保険に加入することから、
そちらが優先され、また補償額が大きく、その保険料で賄えない場合、
任意で加入する損害保険から費用が支払われ、
健康保険ではなく、そちらが優先されます。
結果として健康保険は利用可能です。
一般の病院のほとんどで加害者が居る場合、
実費として求められることが多いです。
健康保険は、国民個人個人が自身で加入し、
保険金を支払うこと自身とその家族(扶養となる)が健康を害した場合に、
国の皆保険制度として、利用者本人が医療機関で健康保険証を提示することにより、
この権利を行使できるものです。
しかし、交通事故で万が一交通弱者となった場合、
運転者である責任として被害者を救済し、賠償する責任があることから本人の健康保険を利用した治療は行なわれません。
また、加害者でありながら自身が怪我を負った場合、
任意保険加入があれば、そちらが優先され同乗者の補償も優先して任意保険で支払われるでしょう。
ただ、任意保険の加入が無い場合や、ひき逃げ等の加害者がその場にいない場合で、
被害を受けた人が怪我がある場合、救急で医療機関に搬送され、処置が行なわれた場合、
健康保険が適用される場合があります。
自己に遭遇する場合、必ずしも健康保険証を持っているわけではなく、
退院時に保険証を提出するか、相手が現れれば、
自賠責保険料から医療費が支払われます。
健康保険は、最悪のケースで本人に負担の無いように適用されるのです。
ただ、正確な情報は専門的な知識・経験を持った弁護士に相談すべきです。無料相談などを利用すると良いですね。