単独事故は任意保険適応できるもの?

 「単独事故」とは、事故の相手方がおらず、100%自分に過失がある場合の事故です。その場合はたいてい「自損事故」になります。その場合は、自動車保険の中には単独事故も適応できる保険があります。それが対物保険と車両保険です。単独事故でも搭乗者がいる場合は人身保険や対物保険も適用できます。通常、自動車保険と言うと、たいていは、相手方に対して、損害を生じさせてしまった場合に備えて、その賠償責任のために加入しています。そのために、どんな人でも加入しているのは、対物・対人・人身保険です。例えば、対物保険では、相手の物を壊した場合に適応できます。例えば、単独事故で電柱やガードレールなどにぶつけてしまった場合は、当然対物保険が対応されます。また、通常は相手がいないために、対人は関係ありません。ただし、単独の自損事故であっても、もし自分の車に搭乗者がいれば、その搭乗者に対して対人保険と家族などには人身保険が支払われます。

 ここまで、ぶつけて壊してしまったものと、搭乗者に対する保険はすべてです。しかし単独事故の場合に一番に被害が大きいのは、自分の車です。それでは自分の車はどうかと言うと、対人・対物・人身保険だけではどこからも保証されません。そんな時に役に立つのは車両保険です。車両保険とは、相手に対してではなくて、自分過失割合によらず、自分の車が壊れてしまった場合に、その分をとりあえず補償する保険です。そのために、100%単独で事故を起こして自分に過失がある自損事故の場合でも車両保険に加入していいれば、自分の車の損害分もしっかりと保険が適応できてその分の損害額が自分が加入している保険会社から入金されます。